“豪語”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ごうご83.3%
がうご16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
学校勉強するよりか、こんなところで、大人といっしょに仕事をするのほうが、よほどいんだぞ!」と、だれにかっていうとなく、りで豪語しました。
僕はこれからだ (新字新仮名) / 小川未明(著)
かれはこんどの大講会で、南蛮流幻術秘法をもって、日本伝来道士がやる法術幼稚拙劣なことを公衆にしめしてやると、浜松を立ってくるとき、家康のまえで豪語してきた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
伊庭はすつかり大日向教にはまりこんだ人間になりきつて、いまは会計事務から、建築用度課を兼ね、金は雨霰の如く這入つて来ると豪語してゐた。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)