“南蛮流幻術”の読み方と例文
読み方割合
なんばんりゅうげんじゅつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こんな者は試合にもおよばず、南蛮流幻術一つできとばしてもすむことと、呂宋兵衛はすっかり安心してしまった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かれはこんどの大講会で、南蛮流幻術秘法をもって、日本伝来道士がやる法術幼稚拙劣なことを公衆にしめしてやると、浜松を立ってくるとき、家康のまえで豪語してきた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
まえには忍剣、横には伊那丸の太刀、足をつかまれて立ちすくみになった呂宋兵衛は、いよいよいまが最後とみえたが、いつもこうした破滅には、かならず南蛮流幻術姿を消すのが
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)