“絹摺”の読み方と例文
読み方割合
きぬず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
吾人が日常秋雨の夜に聞く虫の木枯に聞く落葉の声、または女の裾の絹摺れする等によりて、時に触れ物に応じて唯何がなしに物の哀れを覚えしむる単調なるメロデーに過ぎず。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
慄然と、障子へれて起ったような絹摺れが、戸を隔てた外にまでれた。
濞かみ浪人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
欄干に一枚かかった、朱葉らず、目の前の屋根に敷いた、大欅の落葉も、ハラリとも動かぬのに、向う峰の山颪ときこえる、カーンと、添水がに鳴ると、スラリと、絹摺れの音がしました。
菊あわせ (新字新仮名) / 泉鏡花(著)