“白元結”の読み方と例文
読み方割合
しろもとゆひ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
他に根懸手絡あり。元結あり、白元結黒元結奴元結金柑元結色元結金元結文七元結など皆其類なり。
当世女装一斑 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
菖蒲かきつばたの二本ゆかりのむらさきかむらさきならぬ白元結きつてせし文金高髷みは丈長もやう淡泊として
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)