“木茸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きくらげ66.7%
きたけ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勿論、独身らしいのです。寸人豆馬と言いますが、豆ほどの小僧と、馬に木茸の坊さん一人。これが秋の暮だと、一里塚で消えちまいます、五月の陽炎を乗ってきます。
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
坊主様も尼様も交ってよ、尼は大勢、びしょびしょびしょびしょと湿った所を、坊主様は、すたすたすたすた乾いた土をく。湿地茸木茸針茸革茸羊肚茸白茸、やあ、一杯だ一杯だ。
茸の舞姫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
松茸初茸木茸岩茸占地いろ/\、千本占地小倉占地一本占地榎茸針茸舞茸ありとても紅茸に、黄茸に、に、坊主茸饅頭茸烏茸鳶茸灰茸など
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)