“捻廻”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ねじまわ33.3%
ねぢま33.3%
ねぢまは33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“捻廻”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
彼らは、畳の下の捻廻ねじまわしを持ち出して、たちまち一枚のガラス板を外した。
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
青年わかもの矢庭やにはうなじき、ひざなりにむかふへ捻廻ねぢまはすやうにして、むねまへひねつて、押仰向おしあふむけたをんなかほ
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
欽蔵 立派な働きをして……まあ、どうでもいいや、そんなこたあ……おい、お加代、表の戸棚へはひつてる油砥石あぶらといしを持つて来てくれ。それと、ついでに、機械止きかいどめ捻廻ねぢまはし……。