“据直”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すえなお40.0%
すゑなほ40.0%
すわりなお20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
穂坂は一度取って量を知った、両手にすっと軽く、しかししく、また押戴いて据直した。
菊あわせ (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
つてまつた、大切路銀を、ト懷中御直へと据直して、前褄をぐい、とめた。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
らないで、柔順くしてさえいれば、元の通りに据直って、が明けます。一度なんざ行燈が天井へ附着きました。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)