“御息”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おやす40.0%
みいき40.0%
おんいき20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御息”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
が、御息おやすちうだつたので、又とほり迄行つて買物かひものましてかへけにる事にした。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
が、御息おやすみ中だったので、又通りまで行って買物を済まして帰り掛けに寄る事にした。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
繼宮明らにゆたにせりとぞ畏みて聞けば御息みいきづかひまで
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
継宮明らにゆたにせりとぞ畏みて聞けば御息みいきづかひまで
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
「一刻もお早く、呉へお下りください。せめて息のあるうちに、ひと目なと、お姿を見たいと、御母公におかせられては、苦しき御息おんいきのひまにも、夜となく昼となく、うわ言にまで御名を呼んでおられまする」
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)