“広土間”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひろどま100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“広土間”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
規模きぼおほきい、びたまちあたらしい旅館りよくわん玄関前げんくわんまへ広土間ひろどま卓子テーブルむかつて
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
雨戸の開けてある、広土間ひろどまの処で、円髷まるまげが古い柱のつやに映った。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)