“宝蓋”の読み方と例文
読み方割合
ほうがい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なるほど、香花燈燭幢幡宝蓋などをささげた行列——それはすでに船をはなれて上陸していた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
するとその印を結んだ手のから、に一道の白気立上って、それが隠々と中空へたなびいたと思いますと、丁度僧都の真上に、宝蓋をかざしたような一団のがたなびきました。
邪宗門 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
こうした祭壇の下にはまた、旌旗宝蓋大戟、長槍、白旄黄鉞朱旛などを持った兵士二十四人が、魔を寄せつけじと護衛に立つなど——何にしてもこれは途方もない大形な行事であった。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)