“官能”の読み方と例文
読み方割合
くわんのう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ああ、すべてなし。——さらにさらにましきはかかる薄暮しき官能刺戟
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
が六てゐる御米時々つた。彼女官能當時それどくなつてゐたのである。しばらくしてから、宗助へたか、さい位牌箪笥抽出仕舞つてしまつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
あはれ、あはれ、爛壊のまへの官能のイルユミネエシヨン。
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)