官爵かんしゃく)” の例文
義はあっても、官爵はない。勇はあっても、官旗を持たない。そのために玄徳の軍は、どこまでも、私兵としか扱われなかった。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
俗にいう武士の風上にも置かれぬとはすなわち一身の事なり、後世子孫これを再演するなかれとの意を示して、断然政府の寵遇を辞し、官爵利禄
瘠我慢の説:02 瘠我慢の説 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
顕家の若い眉と共に全軍は“士気ス”のだった。ゆらい、中央の官軍はいたずらに官爵を誇って老いやすかったが、みちのくの官軍は若かった。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「儀礼はやめ給え。君と予とは、幼年からの友、官爵の高下をもって相見るなど、水くさいじゃないか」
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
年暮のわずかな日も、彼はむだには過ごしていない。幕府の名で、奏請を仰ぎ、堀川ノ光継、洞院ノ実世、そのほか、後醍醐について行ったとみられる十数家の公卿の官爵をけずり、また
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
また噂のとおりな才華を示したら、官爵して、遠地へ追い、この天下繁忙の時代に、詩文にのみ耽っているの見せしめとしたらよろしいでしょう。一挙両得の策というものではありませんか。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
罪ほろぼしの善を地に植え、時により官爵を帯ぶる身となるやも知れぬ。だが私はすでににあらずとかたく腹はきめているのです。どうか山寨一同の願いを入れて、いまはおききとどけ下されたい
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
およそ嫌なものは、官爵を誇って、朝廷のご威光を
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
即座に、彼は官爵を解かれて、悄然と退場した。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)