“利禄”の読み方と例文
読み方割合
りろく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
功名利禄は藩士族のに帰し、ついで廃藩の大挙にあえば、藩主は得るところなきのみならず、かえって旧物を失うて、まったく落路の人たるが如し。
徳育如何 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
姦言り、近事り、時勢を窺伺し、便に投じ、冨貴を以て、志とす。利禄う。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
俗にいう武士の風上にも置かれぬとはすなわち一身の事なり、後世子孫これを再演するなかれとの意を示して、断然政府の寵遇を辞し、官爵利禄
瘠我慢の説:02 瘠我慢の説 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)