“官邸”の読み方と例文
読み方割合
かんてい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「総理大臣官邸はたしかにやられたらしいんだ。そのほか、どういう人がやられたかわからんが、何でも、二人や三人ではないらしいよ。」
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
強盗の張本が、検非違使の官邸の中へ姿をかくすなど、奇怪至極であると思ったが、深夜であるし、処置の方法がない。
女強盗 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
たちまち道の右側に、その粘土作りの大きな家がしゃんと立って、世界裁判長官邸と看板がかかって居りました。