“官邸:かんてい” の例文
“官邸:かんてい”を含む作品の著者(上位)作品数
下村湖人1
宮沢賢治1
菊池寛1
“官邸:かんてい”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それから少し行きますと通りの右側に大きなどろでかためた家があって世界警察長官邸かんていと看板が出て居りました。
強盗の張本が、検非違使の官邸かんていの中へ姿をかくすなど、奇怪至極きっかいしごくであると思ったが、深夜であるし、処置の方法がない。
女強盗 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
「総理大臣官邸かんていはたしかにやられたらしいんだ。そのほか、どういう人がやられたかわからんが、何でも、二人や三人ではないらしいよ。」
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
三宅坂みやけざか桜田門さくらだもんとらもん赤坂見附あかさかみつけの線の内側を占拠せんきょし、陸軍省・陸相官邸かんてい参謀さんぼう本部などはもとより
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
ネネムはそこで一時間一ノット一チェーンの速さで、そちらへ進んで参りました。たちまち道の右側に、その粘土作りの大きな家がしゃんと立って、世界裁判長官邸かんていと看板がかかって居りました。