“学生時代”の読み方と例文
旧字:學生時代
読み方割合
がくせいじだい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし、ケンプ、きみは学生時代と、ちっとも変わっていないな。きみのようにどんなときでも落ちつきはらって、てきぱきと物ごとをかたづけてゆける人間こそたよりになるんだ。
学生時代石橋ふ者は実に顔が広かつたし、学習院た事があるので、く売りました、第一ふものが余程可笑い、石橋鼻目鏡けて今こそ流行るけれど
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
学生時代壮年でも、生得壮健身体ではかった。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)