“女鳴神”の読み方と例文
読み方割合
おんななるかみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あたい、浜村屋が好きさ、菊之丞女鳴神——当たったねえ、あの狂言は」
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
顔がと云うと、やがて人ぐらいの大きさに、何十挺だか蝋燭を固めて、つるりとやっぱり蝋を塗って、細工をしたんで。そら、燃えさしの処が上になってるから、ぽちぽち黒く、女鳴神ッて頭でさ。
菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
見たりし盆興行は団菊両優は休みにて秀調染五郎家橘栄三郎松助ら一座にて一番目は染五郎の『景清中幕は福地先生新作長唄所作事女弁慶』(秀調の出物)二番目家橘栄三郎松助の「玄冶店大喜利」家橘栄三郎の『女鳴神常磐津林中出語りなりき。
書かでもの記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)