“夏分”の読み方と例文
読み方割合
なつぶん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いえ、戯談なぞ申しません。鶏小舎の古いのを買ひまして、それにつてゐるのです。夏分になりますと、羽虫に困らされます。」
それは隨分不便利にて不潔にて、東京よりりたる夏分などはまんのなりがたきもあり、そんなれはられて、面白くもない仕事はれて、ひたいにははれず
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
夏分客が来ると、まだ挨拶もはさないうちに、主人の方で帯をいて真つ裸になる。