“土佐絵”の読み方と例文
読み方割合
とさえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その上に土蔵の中から取出された見事な花茣蓙が敷詰められて、やはり土蔵の奥から持出された古い質草らしい、暑苦しい土佐絵金屏風が建てまわされた。
巡査辞職 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
しかし土佐といえば、誰も産物として手漉の和紙を挙げるでありましょう。「土佐半紙」の名は「土佐絵」、「土佐犬」、「土佐節」などの如く、土佐にむものとして広く聞えます。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
丹塗の柱、花狭間の波の紺青も、金色も色さみしく、昼の月、りて、唐戸の影さす光景、古き土佐絵の画面に似て、しかも名工の筆意い、ゆからぬが奥床しゅう
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)