“土佐派”の読み方と例文
読み方割合
とさは100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その障壁画に筆をふるわれる第一のお方と選ばれたということが——流行らぬ土佐派の宮廷画家などからは、あくどい色彩をもって俗画く男——などと蔭口いわれている原因でございましょう
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
国芳の武老絵は古来土佐派に属せし領域を奪ひ以て浮世絵の範囲を広めたるものと見るも可ならんか。余は浮世絵師中ややデラクロワ、メイソニエーを連想せしむべき画家ある事を喜ばずんばあらず。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)