“土佐境”の読み方と例文
読み方割合
とさざかい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その附近に散在しているのは、つるぎ山を見廻る小者小屋や、土佐境の関所へ交代してゆく山役人のりなどである。
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
煙草畑の娘たちは、雑草抜きをやめて姿をかくした。やがて、土佐境の空には春雷が鳴っていた。
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「うむ、仰せの通りじゃ。土佐境讃岐越も逃げ道はない」
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)