“土佐犬”の読み方と例文
読み方割合
とさいぬ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
喜多村は、まるで土佐犬のような勇ましいかっこうで、まっかな顔をしてどなりながら、パッとカーテンに組みついていきました。
大金塊 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
室内の調度に比べると、の蠅は土佐犬ほどの大きさになっているらしかった。大量の生長液を飲んだせいで私はもグングン大きくなっていった。
(新字新仮名) / 海野十三(著)
「英国の将軍なら間違にしても多少道理がありますよ。ブルドッグは英国の将軍と同じことで押し出しばかりです。も日本の土佐犬には敵いません」
親鳥子鳥 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)