“筆意”の読み方と例文
読み方割合
ひつい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
丹塗の柱、花狭間の波の紺青も、金色も色さみしく、昼の月、りて、唐戸の影さす光景、古き土佐絵の画面に似て、しかも名工の筆意い、ゆからぬが奥床しゅう
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)