“啼留”の読み方と例文
読み方割合
なきや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
晝間あのお納戸つて姿猛然思出すと、矢張啼留まぬが、ての馴染でよくつた、お撫擦つて可愛がつた寸分はぬ。
二た面 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)