“原澤村”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はらさはむら50.0%
はらざはむら50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なし名主林右衞門へも頼みて近所へは身延參詣披露し忠兵衞へ跡の事言含め文藏お時は下男吉平が實なる者故是を召連て主從三人頃は享保十二年十月十日原澤村
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
改め來るべしと申付られしにより彌太夫は直樣原澤村名主用右衞門同道にて甲州原澤村なる文藏の宅に番頭忠兵衞を呼出して家内土藏の封印切解箪笥長持等一々改むる時忠兵衞は文庫藏の長持
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
茲に説出すに頃は享保年中甲州原澤村に佐野文右衞門有徳す百姓あり或時文右衞門は甲府表に出て所々見物なし日も西山に傾むきける故に佐倉屋五郎右衞門といふ穀物問屋へ一
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)