“千言万語”の読み方と例文
読み方割合
せんげんばんご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
瘠我慢一篇の精神らここにを存しあえてこれを後世の輿論さんとしたるものにして、この一点については論者輩がいかに千言万語ぬるも到底弁護はなかるべし。