“伝記”の読み方と例文
旧字:傳記
読み方割合
でんき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三に、十ばかりの偉人伝記があり、そのなかで、ベートーヴェンとミケランゼロとトルストイとの三つの伝記は、もっとも有名です。
ジャン・クリストフ (新字新仮名) / ロマン・ロラン(著)
ところが、がたずねていって、伝記った佐倉宗吾いたを、もし自分境遇かれたら、やはりそのいたかもしれぬ。そうすれば、じような悲惨なめにあったであろう。
世の中のために (新字新仮名) / 小川未明(著)
彼は、小説戯曲評論伝記、そのいろいろなものをきましたが、すべて、立派な作品として長くるようなものが多く、中でも、小説と随筆とには、世界的傑作が少なくありません。
母の話 (新字新仮名) / アナトール・フランス(著)