“佐倉宗吾”の読み方と例文
読み方割合
さくらそうご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「もし自分が、あの佐倉宗吾だったら。」と、空想したことでした。あの悲惨きわまる運命にあわなければならぬと想像したのです。
世の中のために (新字新仮名) / 小川未明(著)
このとき重税を課しては国のためにうべき事であると、佐倉宗吾を気取ったまではいいが、佐倉宗吾のように命を捨てたかといえば、なかなか捨てるどころか、かえって強盗強姦したものもある。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
六つか七つの時分、佐倉宗吾の芝居を通しで見たことがある。
怪談 (新字新仮名) / 平山蘆江(著)