“傳記”の読み方と例文
新字:伝記
読み方割合
でんき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これも、婦人傳記り、著者讀者婦人だといふは、ずしも、書物よりも推奬すべき理由にはなりさうもない。
読書の態度 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
かういふ傳記一部つて諸平むと、いところがじられます。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
二には、婦人傳記である。從來婦人讀物といへば、ジヤン・ダークとか、ナイチンゲールとか、さういふものを推薦するくない。
読書の態度 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)