“人材”の読み方と例文
読み方割合
じんざい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
専攻しているのは光学であるが、事務的手腕もあるというので、この方の人材しい研究所の会計方面も見ているという働き手であった。
赤外線男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「いや、試合順はきまりませぬ。御岳兵法大講会主旨は、世にかくれたる人材をひろいだすのが目的でもござれば」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
し、へり、をこそとひけれ、によりて、愈々人材めたり、ゐてとせむか、時機らず
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)