“京坂”の読み方と例文
読み方割合
けいはん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これより先太閤は、嘗て松永久秀が多聞城を築いていた大和の国志貴山の地を相したが、あまり辺鄙に過ぎるところから、改めて京坂の間に候補地を物色して伏見に定めた。
聞書抄:第二盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
同時に、自分の勤めている銀行の、京坂地方のある支店詰になった。代助は、出立の当時、新夫婦を新橋の停車場に送って、愉快そうに、帰って来給えと平岡の手を握った。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
知つゝ出家になし奉らんは勿體なき儀に付今度我々守護し奉つり江戸へ御供仕つるにては一度江戸表へ御下りのは二度京坂御見物も思召にせられざるべしと依て只今の京坂御遊覽の爲當表へは御出遊されしなり委細は斯の如し相摸殿にも是にて疑念有べからずと辯舌滔々として水のるゝ如にたり是を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)