“主幹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しゅかん66.7%
しゆかん33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「さあ、おしえるから、よくおぼえるのだ、いいかね。この主幹スイッチをおすと、電波が出て、エフ氏の身体の中にある受信機に感じるのだ」
人造人間エフ氏 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「ただちに、電源の主幹を切って、消灯だ!」
爆薬の花籠 (新字新仮名) / 海野十三(著)
……柳川春葉と、とが編輯はつてた、春陽堂新小説社會欄記事として、中京觀察くために、名古屋派遣といふのを、主幹だつた宙外さんからつたであつた。
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)