“新小説”の読み方と例文
読み方割合
しんせうせつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
寒山拾得」とは、まだ書肆にわたしはせぬが、多分新小説ることになるだらう。
寒山拾得縁起 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
……柳川春葉と、とが編輯はつてた、春陽堂新小説社會欄記事として、中京觀察くために、名古屋派遣といふのを、主幹だつた宙外さんからつたであつた。
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)