“中京”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なかぎやう50.0%
ちうきやう25.0%
なかぎょう25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
始めてからまだそないにもならなんだんやし、元は中京の油屋はんか何かで、結構やつて居やはつたいふ話やし、浪華亭はんもあい風な人やよつて可哀相や思はつたんどツしやろ。
乳の匂ひ (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
しろ、中京殖産工業から、名所名物花柳界一般芝居寄席興行ものの状態視察
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
中京も淋しい位静かな町筋の、暗く奥深い呉服屋や、古い扇屋、袋物みせ、さては何を商う家とも、よそ土地の者には一寸分りかねるような家々に挟まれた、まことに古風な小さな宿である。
雨の宿 (新字新仮名) / 岩本素白(著)