“視察”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しさつ80.0%
ヲブザーバンス20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“視察”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語(児童)7.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.4%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「おまえはまだ小さい、空にあがるだけではなにもならないのだ、敵状てきじょう視察しさつすることができないと、なにもならない」
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
この朝、ゴルドンと富士男は、ニュージーランド川をわたって視察しさつにいった。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
第一種は第二種よりも多く直接の視察ヲブザーバンスより暴発ばくはつし、第二種は第一種よりも多く哲学的観察によりて湧生す。