“丸餅”の読み方と例文
読み方割合
まるもち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
元旦のには屠蘇干鮑貝干海鼠丸餅の味噌汁などが、それぞれに用意され、祝日に忙しい歳暮が筒井の眼の前にあった。
津の国人 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
故に今では丸餅熨斗餅などの、至って単純な物しかできなくなったのである。是が生粉であるならばゆっくりといかなる形の物をでもつくね上げ得たのは当然である。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
例年隣家を頼んだ今年自家くので、懇意な車屋夫妻が蒸籠まで荷車に積んで来て、悉皆舂いてくれた。二軒に大威張牡丹餅をくばる。肥後流丸餅を造る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)