“下顎骨”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かがくこつ57.1%
かがっこつ28.6%
したあごぼね14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“下顎骨”を含む作品のジャンル比率
総記 > 団体 > 博物館100.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
たゞひとつの下顎骨かがくこつから想像そう/″\してると、こんな人間にんげん出來上できあがるのです。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
下顎骨かがくこつの長い、獰猛どうもうに見える伍長が突っ立ったまゝ云った。
(新字新仮名) / 黒島伝治(著)
鼻は扁平で鼻孔は大、それに下顎骨かがっこつが異常な発達をしている。
人外魔境:01 有尾人 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
木部はその性格ばかりでなく、容貌ようぼう——骨細ほねぼそな、顔の造作の整った、天才ふう蒼白あおじろいなめらかな皮膚の、よく見ると他の部分の繊麗な割合に下顎骨かがっこつの発達した——までどこか葉子のそれに似ていたから
或る女:1(前編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
これは顔でも同じ事で、下顎骨したあごぼねの張つた頬のあたりや、やや大きい口の周囲に、旺盛わうせいな動物的精力が、恐ろしいひらめきを見せてゐる事は、ほとんど壮年の昔と変りがない。
戯作三昧 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)