上前うわまえ)” の例文
岡ッ引どもは霜に逢った菜ッぱのようにかじかんでしまって、膝小僧をなでたり、上前うわまえをひっぱったり、ひとりとして顔をあげるものもない。
顎十郎捕物帳:05 ねずみ (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
つまり、利休を「まいす」と呼んだのは、彼が自己の位置を利してしばしば賄賂わいろをとったり、道具の売買の上前うわまえをはねたりしたことを指すのである。
民芸四十年 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
そのままでお出かけですから、「被布ひふ上前うわまえが汚れていますよ」といいますと、「こうすればよかろう」と、下前を上にして平気でいられるのを笑ったりなどもしました。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
従って市街地の商人からは眼の飛び出るような上前うわまえをはねられて食代くいしろを買わねばならぬ。
カインの末裔 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
梅賀は、おもて向きは、按摩あんま療治をしているが、実は、したたかな悪党で、世間の信用を利用して、ここかしこの穴を見つけ、悪い仲間にゆすらせたり、泥棒の上前うわまえをハネたりしているような男だった。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
上前うわまえ摺下ずりさがる……腰帯のゆるんだのを、気にしいしい、片手でほつれ毛を掻きながら、少しあとへ退さがってついて来る小春の姿は、道行みちゆきからげたとよりは、山奥の人身御供ひとみごくうから助出たすけだされたもののようであった。
みさごの鮨 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
あの人は、とても物事のわかっている人なんだもの。あの人は泥棒はしても、ちゃんと理屈に合った泥棒をしているんだよ。——つまり、あの人に言わせると、金持ちなんて者は、貧乏人が、あくせくして働いたお金をあつめて金持ちになっているのだから、言って見れば泥棒のようなもんで、その泥棒の上前うわまえねて来て、最も困ってる貧乏な人達にわけてやるのだったら、たとえ泥棒とは言え、何も悪いことは無いじゃないかっていうのさ。
街底の熔鉱炉 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
それでも動かない。久美子は癇をたてて、ナイト・ガウンの上前うわまえをおさえながら隆のほうへ向きかえた。
肌色の月 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
ふたが取れて、インキは私の上前うわまえ一ぱいにかかったのです。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
子供の上前うわまえにも地面にも白い液体が流れひろがった。
卑怯者 (新字新仮名) / 有島武郎(著)