“一高一低”の読み方と例文
読み方割合
いつかういつてい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
神學議論まではれて一しきりはシガーの熢々濛々たる人面隱見出沒して、甲走つた肉聲幾種一高一低縱横れ、これに音樂はドスンと
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)