“クッション”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
羽根蒲団30.8%
座褥23.1%
15.4%
足台7.7%
座蒲団7.7%
臺座7.7%
長椅子7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
屍体は鄭重に取り扱われているらしく、函の中は浮出し模様の高貴な白綸子風の絹をもって、羽根蒲団のように柔らかく全面に内貼りがしてあった。
ウニデス潮流の彼方 (新字新仮名) / 橘外男(著)
といふのは、この見知らぬ男の大きな頬が、彼の唇に柔かい座褥の役目をしたからである。
寄り掛りの高い、狹いめしい椅子の列、もつと古めかしい腰掛、それには棺の塵になつて二代もつた人の手になつた、やつと見分けられる、すりきれた縫取りの跡がの上に殘つてゐた。
「怒ったね苅田君、——今のはえ話さ。つまり足台の位置を直した者があるとすれば、ここには君より他に誰もいないと云ったんだ」
海浜荘の殺人 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
皆は千之の指さす方を見た、——倒れている老子爵の足の方に、子爵が常に痛風症に悩む足を載せて居た足台が転げていた。
海浜荘の殺人 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
贅沢な長椅子や座蒲団卓子なぞがいかにも王子の応接間らしい豪奢な飾り付けを見せていたが、主のない部屋の中は寒々とした一抹の空虚をどことなく漂わせているように感じられた。
ナリン殿下への回想 (新字新仮名) / 橘外男(著)
寢臺の枕もと近くの、臺座ゆたかな安樂椅子も、足臺を前に、寢臺とおなじほど白々とだつてゐて、私には、それが、蒼ざめた玉座のやうに思はれた。
私は到頭、やっかいな老踊子を、静かに長椅子の上に寝かしてやらなければならなかった。