“わりご”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
割籠71.4%
破子14.3%
割子7.1%
破籠3.6%
食籠3.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
花の蜃気楼だ、海市である……雲井桜と、その霞をえて、人待石に、を敷き、割籠を開いて、町から、特に見物が出るくらい。
瓜の涙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
元久二年七月廿八日より和哥所る、家隆朝臣唐櫃二合取寄らる、○破子土器酒等あり
割子弁当に重詰め、客振舞酒肴は旅に来ている寛斎のにまでついた。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「何ぢや。」利仁は、郎等たちの持つて来た篠枝破籠を、五位にも勧めながら、鷹揚に問ひかけた。
芋粥 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
と、いきなり卓子の上の風呂敷包みを解くと、中が古風にも竹の子弁当。……御存じはございますまい、三組食籠で、畳むと入子るやつでね。
唄立山心中一曲 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)