“割子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
わりご66.7%
わりこ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちょうど割子(弁当)をつかう時刻である。並木の蔭に、輿はおろされ、輿の内へも中食が供された。
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
割子弁当に重詰め、客振舞酒肴は旅に来ている寛斎のにまでついた。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
割子と申すは、七日のあひだ行を成し、十歳未満の女子にせさせ、てんから犬にもくれじとて天じやうに上げ、ひみちこみちの振合にも、不浄の日をきらひ申す。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)