“またゝくま”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
瞬間60.0%
瞬時20.0%
瞬時間20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
後ろよりヤツと云ひさま打たふせば瞬間に二三人ウンとも云はずたり是を此場の始めとして當るを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
じていはく、飛行自在の候、瞬時にして
鬼桃太郎 (旧字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
せし如く眞闇やみとなり魔風ます/\吹募瞬時間激浪は山の如く打上打下新艘の天神丸も今やへらん形勢なり日頃大膽の吉兵衞始め船頭杢右衞門十八人の水主水差都合二十一人の者共
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)