“しゅんかん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
瞬間83.3%
俊寛14.8%
春寒1.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……みなさん、後にわが人類を救った種痘法しゅとうほうなるものは、実にこの瞬間しゅんかんに考えだされたものであります。
ジェンナー伝 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
——その瞬間しゅんかん、ザクンと一打ひとうち、大きなくまの手が、かれの右のひたいから頭にかけて打ちおろされた。
くまと車掌 (新字新仮名) / 木内高音(著)
康頼も成経なりつね俊寛しゅんかんも、一年間の孤島生活で、その心も気力も、すっかり叩きのめされてしまっていた。
俊寛 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
これは琵琶法師も語る事ですが、その日もかれこれ暮れかけた時分、わたしはやっと俊寛しゅんかん様に、めぐりう事が出来ました。
俊寛 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
将軍に従った軍参謀の一人、——穂積ほづみ中佐ちゅうさくらの上に、春寒しゅんかん曠野こうやを眺めて行った。
将軍 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)