“またたく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
80.0%
瞬間20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
四里ぐらいの道程間に、行きついてしまうに相違ない。
生死卍巴 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
、あなれ、百合のなか
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
それら殺された獣のは、眼に見えぬ手で持ち去られるものか、それとも雪に埋もれるのか、瞬間間に消え去って、後には斑々たる生血ばかりが雪を紅に染めている。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)