“ながいす”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
長椅子97.2%
長榻2.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
マリユスは長椅子の上にをついて身を起こし、コゼットはそのそばに立って、互いに声低く語り合った。コゼットはささやいた。
ペテルブルグにつてからもドクトルは猶且同樣宿にのみ引籠つてへはず、一長椅子になり、麥酒る。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
兄はっきり、一も云わず、長榻に体をめたままじっと考えに沈みました。私も同じ長榻へ黙って腰を掛けながら、兄の様子を見守りました。
西班牙の恋 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
兄は長榻に腰かけたまま——まだ寝なかったのでございますね——片手に銀笛を持ったなりでガックリと首を垂れながら、眠っているではありませんか。
西班牙の恋 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
何んてまあ変わって了ったんだろう? 彼は蒼白の顔をして(はそれは活々としたピンク色を呈していたではないか。)波斯模様のを掛けた長榻に深く身を埋め
西班牙の恋 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)