“ソファ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
長椅子50.0%
安楽椅子33.3%
沙発16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
アッシャーはながながと横たわっていた長椅子から立ち上がって、快活な親しみをもって迎えたが
安楽椅子にかけて葉巻に火をつける。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
沙発に腰かけた矢萩は、膝を小刻みに動かしている。いやな貧乏ゆすりだ。俺はその矢萩に言った。
いやな感じ (新字新仮名) / 高見順(著)
オカマのロクを通して矢萩から大金をせしめていた俺は、ここで、アイズキ(挨拶)をしなくちゃならぬところだが、沙発に泣き伏している照子を見たことが俺の口をつぐませた。
いやな感じ (新字新仮名) / 高見順(著)