“アームチェイア”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
腕椅子66.7%
安楽椅子33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
花模様の青い絨氈の敷かれた床の上には、桃花心木卓子を囲んで、水色の蒲団の取り附けてある腕椅子が五六脚置かれてゐる。壁に添うて横はつてゐる安楽椅子の蒲団も水色だつた。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
花模様の青い絨氈の敷かれた床の上には、桃花心木卓子を囲んで、水色の蒲団の取り附けてある腕椅子が五六脚置かれている。壁に添うてわっている安楽椅子蒲団も水色だった。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
あちこちに深々とした黒革張りの安楽椅子や、長椅子類、大きなシャンデリア、厚いどっしりとしたカーテン等さすがに見事な王室の調度が部屋をめて暖炉には火がチロチロと燃えている。
グリュックスブルグ王室異聞 (新字新仮名) / 橘外男(著)