“てんせつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
点綴66.7%
點綴33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ればそこらが、きれいな草地で、そして恰好いさまざまの樹草……、そのがあちこちに点綴してるのでした。
パンダヌス(小笠原島章魚)その他椰子類等はその主なるものにて、これを点綴せる各種の珍花名木は常にを競い美を闘わし、一度凋落すれば他花に換え、四時の美観断ゆる事なし。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
臨川寺の庭にして、獨り靜かに下瞰するに、水はまでに、岩は飽まで奇に、其間に松の面白く點綴せられたる、更に畫圖のごとき趣を添へたるを見る。
秋の岐蘇路 (旧字旧仮名) / 田山花袋(著)