“ただただ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
唯々66.7%
唯唯22.2%
只々11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
子供に勧めてこういうものを書かしてよこしたらしい節子の心持も思われて岸本は唯々ただただ気の毒でならなかった。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
次のご文は、時に小禽すでに終日日光に浴し、歌唄かばい跳躍して、疲労をなし、唯々ただただ甘美の睡眠中にあり。
二十六夜 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
時に小禽すでに終日日光に浴し、歌唄かばい跳躍ちょうやくして疲労ひろうをなし、唯唯ただただ甘美かんび睡眠すいみん中にあり。
二十六夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
時に小禽すでに終日日光に浴し、歌唄かばい跳躍して疲労をなし、唯唯ただただ甘美の睡眠中にあり。
二十六夜 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
「お話中を恐れ入りますが、他の重大事件には私は殆んど関心を持って居りませんので。はい、只々ただただ重大人物博士の失踪しっそうについて非常なる憂慮ゆうりょと不安と焦燥しょうそうとを覚えている次第でございます」
鞄らしくない鞄 (新字新仮名) / 海野十三(著)