“ただただ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
唯々66.7%
唯唯22.2%
只々11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
群生した樹々は唯々、ひらけた空に向って、光を求めて争って伸びて行ったのだ。トド松はに喰い附かれ、にからまれて立っていた。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
汝等に諸の悪業を作る。夜陰を以て小禽の家に至る。時に小禽に終日日光に浴し、歌唄跳躍して疲労をなし、唯唯甘美睡眠中にあり。汝等飛躍してこれをむ。
二十六夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
「お話中を恐れ入りますが、他の重大事件には私は殆んど関心を持って居りませんので。はい、只々重大人物博士の失踪について非常なる憂慮と不安と焦燥とを覚えている次第でございます」
鞄らしくない鞄 (新字新仮名) / 海野十三(著)